葉っぱの町 上勝町 いろどり

上勝葉っぱ情報一覧

戻る
  表示: 並び:
全464件が見つかりました 1〜50件目を表示しています
Page: 先頭 <前 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 次> 最後
はすいもの葉っぱ。New!2018/05/24(木)
この時期は、はすいも葉っぱが人気です。
全国からの引き合いが強くてありがたいです。

見た目が美しく涼しさの演出には最適です。


山ぶどうの葉っぱNew!2018/05/23(水)
山ぶどうの葉っぱが出ています。
商品名は、山ぶどうですが、
学名は野ぶどうの葉っぱです。

ぜひご利用お願いします。

金蓮葉がかわいい!!New!2018/05/22(火)
蓮の葉っぱのミニ版商品『金蓮葉』。
ちょっとした突き出しにも使えるしいろんな用途があります。

量は、少ないですが、なんとか対応して参ります。



青もみじが人気!!New!2018/05/20(日)
新緑の季節となりました。

春をいろどる青もみじをぜひご利用ください。


南天のご利用を。New!2018/05/18(金)
ずっと少なくてご迷惑をおかけしていた南天葉。
やっと出そろってきましたので・・・。

縁起の良さが南天の由来。

お赤飯に添える南天の葉に含まれる作用とは・・・。

初節句や七五三など、お祝い事に南天の葉を添えて食べるお赤飯。赤い色は厄除けの力があると信じられ、江戸後期から慶事に用いるようになったという言い伝えがあります。

大きな重箱に南天を敷き、赤飯をたくさんつめてという記述があり、江戸時代にも使われていたことがうかがえます。

当時は病気が全快した時には「難を転じて」助かった幸運の印として南天の葉を表向きに添え、逆の場合は葉を裏向きにして不幸にならないようにと願いました。

今もお祝い時にこの習慣が続いているのは、厄よけだけが理由ではありません。南天の葉には「ナンニジン」という成分が含まれており、お赤飯の熱と水分により「チアン水素」を発生させます。このチアン水素にお赤飯の腐敗を抑える作用があるのです。

お赤飯に南天の葉。先人の知恵がつまった日本ならではの美しい習慣です。

カジの葉New!2018/05/17(木)
これからカジの葉っぱの引き合いが出てきます。

カジの葉は柏の葉と同じように食器として用いられ、
のちに神前の供物を盛る器として使われるようになりました。

古代からカジノキは神に捧げる神木として尊ばれていたため、
神社の境内などに多く植えられ、神事に用いられ、
神膳の添え物のかいしきに使われたようです。

梶はコウゾ属で紙の繊維になった葉ですが、つくりが「尾」
のことでもわかるように楮や麻と同じく、繊維が単一方向に硬く、磁波をはじき、邪鬼を祓うのに適した植物です。

ご利用よろしくお願いします。

青もみじの季節です。2018/05/15(火)
ゴールデンウイークがあけて人の動きは、少ないですね。

新緑の季節でこの時期おすすめなのが青もみじです。
ご利用よろしくお願いします。
涼しさを彩るのが青もみじの魅力です。


人気のほう葉2018/05/14(月)
葉っぱの中でもっとも大きなのが、ほうの葉っぱです。

食材を包むのに最適。
ほう葉焼きにも使われ人気の商品です。
本格的に出荷開始。
ぜひご利用くださいねぇぇーーー。

青玉柚は、薬味需要。2018/05/11(金)
青玉柚の出荷が始まっています。
青玉は、ハウス栽培して育てたもの・・・。

上勝のゆずは、山奥深いところなので、香りが高いのが特徴です。
薬味としてご利用くださいね。

都忘れが人気!!2018/05/08(火)
かわいらしい花都忘れ。
色は、ピンクと紫です。

名前の由来は、承久の乱にて佐渡に流された順徳天皇がこの花を見ると都への思いを忘れられるとの話によるとされ、この由来によって花言葉は「別れ」や「しばしの憩い」などといわれています。

これからの季節にピッタリの花ですよ。

休みあけも。。2018/05/06(日)
レギュラーの葉わさびとマイクロ葉わさびの人気が続いています。

敷き葉には、欠かせないレギュラーの葉わさび。

引き続きよろしくお願いします。

今日は、端午の節句。2018/05/05(土)
今日5月5日は、端午の節句です。
菖蒲の葉の形が刀に似ているので邪気を祓い、爽やかな香りがすることから、男子にとって縁起の良い植物とされ、軒につるしたり、枕の下に置いて寝る習慣があります。

日本では、奈良時代から端午の節句に使われはじめ、武士の時代になると菖蒲の読みが尚武や勝負に通じるので、根茎を風呂にいれ薬湯にし、菖蒲湯にしたり、漢方薬になっています。

また、根茎の成分に殺菌力があるので、菖蒲田は水を浄化し、周辺の気を清浄化します。

すごいパワーをもつ菖蒲。
今日は、ぜひとも菖蒲をご利用くださいね。

柏の葉っぱ2018/05/01(火)
端午の節句を控えて柏の葉っぱの動きが出てきました。

柏餅が日本の歴史に登場したのは、寛永年間(1624〜1644)頃のようです。
柏の葉は、新芽が出ないと古い葉が落ちないという特徴があるので、「子供が産まれるまで親は死なない」即ち「家系が途絶えない」という縁起に結びつけ、「柏の葉」は「子孫繁栄」につながります。

柏餅は日本で生まれた食べ物だったという事です。

ショウブのご利用を!!2018/04/30(月)
5月5日は、端午の節句です。
菖蒲の節句とも言われています。

葉しょうぶは、端午の節句には欠かせない商品。

ショウブに真心込めての勝負です。(笑)

マイクロ葉わさび2018/04/26(木)
葉わさびを使ったお料理がこの季節のおすすめ。

葉わさびのお浸しやマイクロ葉わさびのデザート等。

どんどんご利用くださいねぇぇーー。

都忘れの季節!!2018/04/24(火)
都忘れの出荷が始まりました。

和名の「都忘れ(ミヤコワスレ)」は、鎌倉時代の承久の乱(1221年、後鳥羽上皇が鎌倉幕府に対して討幕の兵を挙げて敗れた兵乱)にて佐渡へ流された順徳天皇が、この花を見ると都への思いを忘れられると話されたことに由来します。

気品ある美しい花を咲かすミヤコワスレ。花言葉「しばしの慰め」「別れ」は、佐渡へ流された順徳天皇がこの花を見ると都への思いを忘れられると話されたことに由来します。

ぜひご利用を・・・。

なるこゆりの葉2018/04/20(金)
なるこゆりの葉。かわいらしい葉っぱで人気があります。

名前の由来は、鳴子(なるこ)」は、長い縄に板と竹を結びつけて沢山並べてぶら下げ、揺らすと音がするようにした道具です。
稲を荒らす鳥などを追い払う目的や、侵入者を知る目的などに使用したものです。草姿や花の様子がこの「鳴子(なるこ)」に似ていてユリの仲間なのでこの名があります。
つきだしなどの敷き葉として利用されます。


香り高い上勝ヨモギ2018/04/18(水)

上勝の薫り高い上勝のヨモギ。

ヨモギは、独特の香りがあり、古くから食用だけでなく、
生薬として漢方では「艾葉(ガイヨウ)」と呼ばれ、
食べる、飲む、浸ける、香りをかぐ、もぐさににするなど、
万能薬として珍重されてきました。
ヨモギは日本のハーブと言える商品なんですよ。


山ブキの季節到来!!2018/04/16(月)
山菜の季節になってきましたが、
中でも人気なのが、山ブキ。

自然の山々で生えたフキは美味しいですよぉぉーー。
きゃらぶき、煮物などにいいですよぉぉーーー。

金蓮葉出てきたよ。2018/04/12(木)
金蓮葉が出てきました。
さわやかなイメージが売りです。

つきだしなどに最適。
ぜひご利用くださいね。

新鮮ヨモギ2018/04/12(木)
本格的な春の訪れです。
ヨモギが出荷も最盛期となりました。

上勝のヨモギは、香りがよくて、新鮮そのもの。
最後までお引き立てよろしくお願いします。


香り高いゆずの花2018/04/08(日)
わずかですが、花ゆずの出荷が始まりました。

山奥深い上勝の花ゆずは、香りのよさが魅力です。
お椀に浮かべると最高の商品です。

染井吉野桜へと・・・2018/03/31(土)
染井吉野桜の出荷が本番を迎えてきました。
お花見シーズンですので、花見弁当にご利用を。


葉わさび超人気!!2018/03/28(水)
葉わさびの人気が続いています。
全国からの引き合いが強くひっぱりだこです。

飾ってよし、食べて美味しいという魅力。

辛みの出し方がうまくいき、シャシシャキとした食感がなんともいえない・・・。ほんまに美味しい食材です。

彼岸の中日2018/03/21(水)
今日は、彼岸の中日です。

行事ごとなどが多くなり、人の動きも活発。
葉っぱや花物の需要も多くなります。

けいおう桜、花桃、南天、青もみじ、花ゆず、ささ、野かんぞう
ぼけの花、葉わさび、のびる、よもぎ、すだち、ゆずなど勢揃い
しています。品目によっては、かなり少ないものもありますが。。。

大切にして行きたい日本の文化。
心をいろどり、季節をいろどる。

ご利用よろしくお願いします。

野かんぞう2018/03/15(木)
野かんぞうの季節です。

酢みそ和えなどにすると美味しいよぉぉーー。

桜がお似合いの季節2018/03/13(火)
気温も上がり季節は、桜へと移りつつあります。
桜の出荷が本格的となってきました。

さくらは、日本の文化です。

まさに春本番。桜がお似合いの季節到来です。

ふきのとうは、春の訪れを告げる。2018/03/11(日)
春の訪れを告げるふきのとう。

ひとつひとつ丁寧に摘み取ります。

てんぷらにすると美味しいですよぉぉーー。
かなり気温が上がってきましたね。
ありがたい・・・ありがたい・・・。

花桃のご利用を。2018/02/26(月)

3月3日は、桃の節句。市場では、引き合いが強くなってきました。
上勝の花桃をご利用よろしくお願いします。

(※クリックすると画像が大きくなります。)

白梅、紅梅の美しさ2018/02/25(日)
白梅、紅梅も美しい彩となり季節を彩ってくれています。

縁起のいいのも特徴です。

ぜひご利用くださいね。

赤南天2018/02/23(金)
この時期、赤南天の需要が多くなります。
緑南天とは、また違った美しさがあります。
今年は、特に赤色がいい・・・。

量は、少ないですが、お引き立てよろしくお願いします

葉わさびフランスシェフに大人気!!2018/02/02(金)
葉わさびの人気がすごいです。
フランスの人気が糸をひいたように・・・。
シャキシャキとした食感。

ほどよい辛みが美味しさの秘訣です。
国内需要がどんどん高まっています。
今朝NHKで放送されましたよぉぉーー。

ヒイラギ秘話2018/01/23(火)
アイタタタ・・・・この時期が来ると節分用のヒイラギの出荷で大忙しとなるいろどりのおばあちゃん達。

先日ある農家さんにお邪魔したらこんなことを・・・。
横石さん『ヒイラギの荷造りはトゲがすごいけんきつい仕事やけど、これはトゲがなかったら値打ちがない。でも夫婦はトゲがなくてまあるい方がええなぁぁーー』と。
そのとおりやな・・・と相槌を打ったら二人とも恵比須顔。
トゲがあるなしも舞台が違えばいいことになるものですね。


初荷です。2018/01/04(木)
今日から初荷です。

全国の取引先に新鮮な葉っぱをお届けして行きます。
今年もお引き立ての程よろしくお願いします。

明日から出荷2018/01/03(水)
正月三が日も今日で終わりとなります。
明日4日から出荷開始。

あっという間のお休みでしたね。
今年も、使って下さる料理人の方に喜んでもらえるように
「自然の恵みに真心込めて」出荷して参りますので、
お引き立ての程、よろしくお願いします。

出荷は、1月4日からです。2018/01/02(火)
新年あけましておめでとうございます。
旧年中は、たくさんの葉っぱをつ使ってくださり
ありがとうございました。

今年も自然の恵みに感謝し、使ってくださる方に
喜んでもらえるように生産者とともに、努力して
参りますので、お引き立てのほどよろしくお願い申し上げます。

出荷は、1月4日からですので・・・
もうちょっとお待ちくださいね。

新春をいろどる白梅、紅梅。

縁起のいい松竹梅にも使われます。


葉っぱの役割2017/12/31(日)
年末は、たくさんの葉っぱをご利用下さり
ありがとうございました。

いろどりの葉っぱは、多くの役割があります。
見た目の美しさ。
使われる意味。
季節感をあらわすことなど・・・。

何よりもいろどりは、日本の文化です。
来年も日本の文化を大切に続けて行きたいと思います。

よろしくお願いします。
自然の恵みに感謝を込めて・・・。

いろとりのおばあちゃん達に役割があるのが何より幸せです。

今年もあと二日。2017/12/30(土)
おはようございます。
今年も残すところあと二日です。

出荷も無事に終わりました。
たくさんのご注文ありがとうございました。

足らないものもありご迷惑をかけてしまい
大変申し訳ありませんでした。

いろいろとありがとうございました。
来年も引き続きよろしくお願いします。

出荷終了2017/12/29(金)
今年度の彩の出荷は、終わり
無事に終了できましたこと、心よりお礼申し上げます。
来年も引き続きよろしくお願いします。

年明けは、一月四日からのスタートとなります。

大王松のご利用を。2017/12/26(火)
松の種類でもっとも長いのが、大王松。

松は、冬も青々としていることから、
不老長寿を示す縁起の良い木。

年末には、欠かせない商材です。
ぜひご利用くださいね。

ゆずり葉2017/12/24(日)
正月飾りに欠かせないのが、ゆずり葉です。
ゆずり葉もたくさん注文が上がってきています。

ゆずり葉の名は、春に枝先に若葉が出たあと、前年の葉がそれに譲るように落葉することから。その様子を、親が子を育てて家が代々続いていくように見立て縁起物とされています。

クリスマスにマイクロ葉わさび!!2017/12/12(火)
マイクロ葉わさびの形。
なんとハート型なんです。
そこでクリスマスの料理にマイクロ葉わさびを使うというところが出てきました。楽しみですねぇぇーー。

ぜひご利用よろしくお願いします。

うらじろ2017/12/04(月)
師走に入りおせちの注文受付の動きが
活発になってきました。おせちに欠かせないのが、うらじろです。

前の葉が枯れても必ず次の新しい葉が生えてきて、枯れてなくなることがないことから、常に栄えることを願っています。

裏の白っぽい方を上に向けるのは、裏表がない真姿な気持ちを表しているといわれています。

上勝のうらじろは、品質日本一です。


赤柿葉少ない2017/11/30(木)
秋を彩る赤柿葉を出荷していますが、
出荷量が減ってきます。

数量が少なくてご迷惑をおかけしていますが、
最後までよろしくお願いします。

深まる秋2017/11/24(金)
本格的な秋となってきました。

東京銀座の料亭では、色合いも深く料理をいろどって
くれています。


紅葉もみじで彩る2017/11/22(水)
秋も深まり気温も下がり紅葉もみじの季節になってきました。

色合いも良く秋をいろどる商材です。

数量が少なくご迷惑をおかけしていますが、
よろしくお願いします。


紅葉物の動き活発。2017/11/08(水)
11月に入り紅葉物の動きが活発です。
赤柿葉、紅葉もみじ、血汐もみじ、野村もみじ、いちょうなど・・・。

今年は、色合いが良くて人気があります。
血汐もみじなど少なくなってきているものもありますが、
引き続きご利用よろしくお願いします。


くり葉少なく・・2017/10/24(火)
実りの秋を迎えてくり葉の注文が多くなっています。
秋のイメージといえば、やっぱりくり葉。
後半になって出荷量が少なくなってきました。

大切なくり葉のご利用をお願いします。


台風一過2017/10/23(月)

台風21号もなんとか無事に通り過ぎました。
雨続きでしたが、秋物商品も勢揃いしています。

もみじは、青もみじ、血汐もみじ、野村もみじ。柿は、赤柿葉、青柿葉。くり葉、いちょう葉、松葉、うらじろなど・・・。
たくさんのご注文をいただいているので、今日も全力をあげて出荷してまいりますのでよろしくお願いします。

松葉を使って2017/10/13(金)
本格的な秋のシーズンになってくると、

細工用に使う松葉の動きが活発になってきます。
ここのところ、動きがいいですよ。

ぎんなんに刺したり、敷き葉に使ったりと・・・。
上勝の松葉は、しっかりしていて使いやすいと評判です。

松葉のご利用よろしくお願いします。



最初のページです  /  次の50件を表示
戻る
▲このページの先頭に戻る  
 
              
© 2009 株式会社いろどり
powered by bizan.com