葉っぱの町 上勝町 いろどり

上勝葉っぱ情報一覧

戻る
  表示: 並び:
全481件が見つかりました 1〜50件目を表示しています
Page: 先頭 <前 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 次> 最後
マイクロ葉わさび。New!2018/12/13(木)
マイクロ葉わさびが順調なスタート。
新たな料理の舞台をつくる商材として・・・。

ぜひご利用よろしくお願いします。

松葉New!2018/12/12(水)
師走に入り松葉の動きが活発になってきました。
松葉は、大王松、五葉松、枝付き松、一般的な松葉とあります。

上勝の松葉は、しっかりして使いやすいと評判です。
出荷には、手間がかかるので早め早めの対応よろしくお願いします。


マイクロ葉わさびの魅力!!New!2018/12/11(火)

食を彩ること。
食べられること。
品の良さと見た目の美しさがあること。
三拍子揃った商品がマイクロ葉わさびです。

料理人の方がワクワクするとお褒めのお言葉を
いただいています。

ゆずり葉は、縁起物!!New!2018/12/10(月)

「ゆずり葉」の名は、春に枝先に若葉が出たあと、前年の葉がそれに譲るように落葉することから。その様子を、親が子を育てて家が代々続いていくように見立て縁起物とされています。
縁起の良い「ゆずり葉」の出荷が始まりました。

色鮮やかな上勝のバラン!!New!2018/12/07(金)
バランという葉っぱ。

古くから重宝されてきたものです。
なぜなら防腐、殺菌効果があるので・・・。

みなさんもご存じのように寿司屋さんでは、
まずは、バランを敷いて、その上にお寿司が並びます。

上勝のバランは、緑色濃く葉も厚くてしっかりとしています。
ぜひご利用ください。

貴重な紅葉もみじ!!2018/12/03(月)
今年は、相次ぐ台風の影響を受けて紅葉もみじが
極端に少ないです。

わずかな紅葉もみじも終盤に入り、いよいよ少なくなってきました。

今出ているわずかな紅葉もみじは、あの強風の台風に耐え抜いた
強靭なもみじです。

師走に入り、紅葉もみじから師走の料理に移りつつ・・・。
名残もみじの季節となりました。






貴重な青もみじ!!2018/12/02(日)
いよいよ青もみじが少なくなってきました。

現在注文数には、まったく対応できない状況が続いています。
ご理解の程、よろしくお願いします。
彩は、自然相手なので、工業製品のようにできるものではありませんので・・・。


香り高いすだち!!2018/12/01(土)

香り高いすだちは、徳島を代表する産物。
師走に入ると、需要は、一段と高まります。
美味しさ、さわやかさは、絶品ですね。

うらじろ2018/11/20(火)
年末に向かいうらじろの問い合わせが多くなってきました。

うらじろは、前の葉が枯れても必ず次の新しい葉が生えてきて、枯れてなくなることがないことから、常に栄えることを願っています。

裏の白っぽい方を上に向けるのは、裏表がない真姿な気持ちを表しているといわれています。

上勝のうらじろは、品質日本一です。


貴重な赤柿葉!!2018/11/15(木)
人気の赤柿葉ですが、残り少なくなってきました。

最後まで、がんばって出荷していますのでよろしくお願いします。


秋は、すだちやな。2018/11/11(日)
秋の料理に、すだちを。
まつたけ、焼き魚、特にきのことの相性がピッタリ。

いい香りがしますよぅぉぉーー。

ぜひご利用くださいね。

年末商材の動き2018/11/09(金)
11月に入り年末商材の動きが徐々に出てきました。
ゆずり葉、うらじろなど・・・。
写真撮りなどにも使われます。

現在秋物を出荷していますが、まったく足りていない状況が続いています。取引先の方にお伝えしているのは、
今年は、相次ぐ台風で商品が少ないということです。
彩のような商品は、自然の中で栽培しているので、
工業製品とは違います。
いくらでも揃うというものではありません。
その点ご理解とご協力をよろしくお願いします。

農家さんもできる限りがんばってくれているので・・・。

貴重なくり葉2018/11/04(日)
実りの秋を迎えていますが、くり葉の人気は、依然すごいものです。

これから少しずつ減ってきますのでよろしくお願いします。
大変貴重な商品なんですよ。。。
引き続きのご利用よろしくお願いします。

ゆこう2018/10/30(火)

上勝町の特産品のゆこう。
いま収穫の最盛期です。今年も、全然足らなくて大変・・大変。
みなさんは、ゆこうという果実をご存じですか。

徳島県で古くから庭先果樹として栽培されてきた香酸柑橘の一種。果実の形状、色沢等がクネンボに似ていて、ユズの風味を持つことから、わが国でできた両種の自然交雑種と推定している。ゆこうは漢字で柚柑と書くが、柚香あるいは油柑という表記も見られる。

長い歴史を持つ香酸柑橘で、明治以前から徳島県を中心に庭先果樹として栽培、利用が行われてきた。3月以降まで貯蔵した果実は適度に減酸するので、他に生食用柑橘の少なかった時代には生食用としても利用されたものです。

血汐もみじ2018/10/25(木)
本格的な秋のシーズンとなりました。
今年は、紅葉が遅れていますが、ここへきて山の高いところから
徐々に色づきはじめてきています。

血汐もみじは、注文が多く取り引き先の皆さんには、大変ご迷惑をおかけしています。
写真
引き続きのご利用よろしくお願いします。

イチョウ葉2018/10/15(月)
秋といえば、イチョウの葉っぱが人気となります。

イチョウのイメージは、黄色ですが、この時期は、
まだ緑色が主流です。
イチョウの葉っぱのご利用をお願いします。

遅れている紅葉!!2018/10/10(水)
今日も雨の天気となりましたが、
今年は、紅葉が遅れています。

まだ本格的な紅葉には、時間が、かかりそうです。
紅葉は、気温が下がってきて天気の良い日が続くことで進んでくるので・・・。

もう少しお待ち下さい。

バランのすごさ2018/10/08(月)
昔から防腐、殺菌効果があるといわれている『バラン』
上勝のバランは、日本一の品質です。

緑濃く、葉先もしっかりしていて葉に厚みもあります。
ぜひご利用くださいね。

はすいも葉2018/10/07(日)
依然はすいも葉の引き合いが強いです。

注文量が多く対応に四苦八苦。
引き続きのご利用よろしくお願いします。

稲穂の料理2018/10/05(金)
実りの秋を迎えてきました。
料理にも稲穂が使われるようになり
秋を彩る料理です。


青もみじ2018/10/03(水)
季節が秋へと進むと青もみじの引き合いが強くなっています。
台風の影響もありこれから少なくなってきます。

上勝の青もみじが季節を彩り料理を彩る。
引き続きのご利用よろしくお願いします。

被害調査中です。2018/10/01(月)
おはようございます。
昨日は、大型の台風24号が通過し大荒れの天気でした。

現在被害状況を調査しています。
かなり量が減ると思いますので、よろしくお願いします。

いが栗のご利用を。2018/09/13(木)
いが栗の出荷が盛んになってきました。

秋ならではの商品です。

注文は、大きさに注意してくださいね。

秋を彩る!!2018/09/07(金)
季節は、秋へと一歩一歩進んできています。
まだ紅葉物は、少ないですが、秋を彩る
「柿葉」「いちょう」「もみじ」は、緑物を出荷しています。
ご利用よろしくお願いします。

秋のイメージにぴったりです。

くり葉のご利用を2018/09/02(日)
実りの秋を迎えてくり葉の注文が多くなっています。
秋のイメージといえば、やっぱりくり葉。
後半になって出荷量が少なくなってきました。

大切なくり葉のご利用をお願いします。


れんこん葉引き続き。2018/08/27(月)

8月も残りわずか。
猛暑続きで、れんこん葉の動きがいいですね。

「れんこん葉」は、冷涼感の料理演出にも欠かせないものなので。。。
まだまだ暑さ厳しいな。。。

ほう葉で彩る!!2018/08/22(水)

葉っぱの中でもっとも大きなのが、ほうの葉っぱです。

食材を包むのに最適。最高の品質でお届けします。
ほう葉焼きにも使われ人気の商品です。

仏花 千日紅2018/08/15(水)
この時期の花としてお勧めなのが、千日紅。
花期が長いことから仏花として好まれ、名の由来ともなっています。


蓮花でお盆を2018/08/13(月)
お盆に入りました。
今年もあでやかに蓮花でお迎えしたいところ・・・

上勝の棚田に彩られる蓮花。
その美しさは、なんともいえない気品が漂っています。


いよいよ山場です。2018/08/12(日)
いよいよお盆間近となり今日が8月最大の山場。

引き合いが集中するのでなんとか全力を上げて対応してまいります。

いろどりの農家さんも、張り切って出荷しますので。

蓮の花2018/08/11(土)
台風13号が関東に接近してきています。飛行機便が心配です。

蓮の花は、お盆には欠かせない花となっています。蓮は7月盆から8月盆の頃が花盛りであることがお盆に使われる理由の一つとされています。

蓮の花は、仏教に密接な関係があり、インド・スリランカの国花です。ハスは仏教の中で最も格上の花、極楽浄土に生える花とされ、紀元前2〜3世紀には、仏像が蓮をかたどった台座に乗せられるようになりました。仏様のお座りになるその台座を蓮華座(れんげざ)、極楽往生をとげたあと極楽にある蓮の葉の上に生まれ変わることを蓮華化生(れんげけしょう)などと呼び、蓮は仏教のイメージの強い花。泥の中に生まれても、汚れなく清らかに咲く「清浄無比の花」と尊ばれています。日本には有史以前にインドか中国から伝わったと考えられています。


れんこん葉引き合い強い!!2018/08/06(月)

お盆を控えてれんこん葉の動きが活発!!

れんこん葉の農家さんは、これから大忙しです。
ありがたい・・・ありがたい・・・。
がんばっていくぞぉぉーーー。




青もみじ引き合い強い2018/08/05(日)
気温がぐんぐん上がり猛暑日の連続です。
涼しさを演出する料理が大人気となってきました。

青もみじの需要が一段と高まってきました。
葉っぱもしっかりしていて緑色濃いので料理を彩るのに最適。

ご利用よろしくお願いします。

枝付きで盛る!!2018/07/22(日)
枝付きのジャンボサイズで料理を彩る。

そんな季節になりました。

見た目のボリューム感がお見事ですね。

枝付きジャンボサイズは、青もみじ、南天、ささ葉など
勢揃いしていますよ。

七夕でささの葉人気沸騰!!2018/07/06(金)
明日7日は、七夕です。
七夕になくてはならないのが、ささの葉っぱ。
ささの葉っぱが爆発的な人気です。

パックとジャンボ(枝付き)がありますので・・・。

どんどんご利用くださいねぇぇーーー。

七夕でカジの葉っぱ。2018/07/05(木)
七夕も近づきカジの葉っぱの引き合いが出てきました。

カジの葉は柏の葉と同じように食器として用いられ、
のちに神前の供物を盛る器として使われるようになりました。

古代からカジノキは神に捧げる神木として尊ばれていたため、
神社の境内などに多く植えられ、神事に用いられ、
神膳の添え物のかいしきに使われたようです。

梶はコウゾ属で紙の繊維になった葉ですが、つくりが「尾」
のことでもわかるように楮や麻と同じく、繊維が単一方向に硬く、磁波をはじき、邪鬼を祓うのに適した植物です。

ご利用よろしくお願いします。

今日で6月が終わり2018/06/30(土)
今日は、6月最後の日。

梅雨、月末による仕入れの控えなど動きは少ない状況です。

しかし明日から月も変わり七夕ムードも出てくるので、
期待したいところ・・・。

一年通してみれば、山あり、谷にありです。
雨にも負けず・・・自然の恵みに感謝を忘れずに・・・。

青もみじの季節です。2018/06/27(水)

この時期おすすめが青もみじ。
涼しさを彩るのが青もみじの魅力です。


金蓮葉がかわいい!!2018/06/19(火)
蓮の葉っぱのミニ版商品『金蓮葉』。
ちょっとした突き出しにも使えるしいろんな用途があります。

量は、少ないですが、なんとか対応して参ります。



鮎料理にお似合いの笹葉2018/06/17(日)
鮎料理にお似合いなのが、ささ葉です。

昔から防腐、殺菌効果があるといい伝えられており
とても人気があります。

ぜひ鮎料理には、ささ葉をご利用ください。

山ぶどうの季節到来!!2018/06/12(火)

山ぶどうの葉っぱが出ています。
商品名は、山ぶどうですが、
学名は野ぶどうの葉っぱです。
ぜひご利用お願いします。

はすいも葉で彩る!!2018/06/05(火)
銀座の料亭で使っていただいている「上勝のはすいも葉」

この季節ならではの景色です。

都忘れが人気!!2018/05/08(火)
かわいらしい花都忘れ。
色は、ピンクと紫です。

名前の由来は、承久の乱にて佐渡に流された順徳天皇がこの花を見ると都への思いを忘れられるとの話によるとされ、この由来によって花言葉は「別れ」や「しばしの憩い」などといわれています。

これからの季節にピッタリの花ですよ。

休みあけも。。2018/05/06(日)
レギュラーの葉わさびとマイクロ葉わさびの人気が続いています。

敷き葉には、欠かせないレギュラーの葉わさび。

引き続きよろしくお願いします。

今日は、端午の節句。2018/05/05(土)
今日5月5日は、端午の節句です。
菖蒲の葉の形が刀に似ているので邪気を祓い、爽やかな香りがすることから、男子にとって縁起の良い植物とされ、軒につるしたり、枕の下に置いて寝る習慣があります。

日本では、奈良時代から端午の節句に使われはじめ、武士の時代になると菖蒲の読みが尚武や勝負に通じるので、根茎を風呂にいれ薬湯にし、菖蒲湯にしたり、漢方薬になっています。

また、根茎の成分に殺菌力があるので、菖蒲田は水を浄化し、周辺の気を清浄化します。

すごいパワーをもつ菖蒲。
今日は、ぜひとも菖蒲をご利用くださいね。

柏の葉っぱ2018/05/01(火)
端午の節句を控えて柏の葉っぱの動きが出てきました。

柏餅が日本の歴史に登場したのは、寛永年間(1624〜1644)頃のようです。
柏の葉は、新芽が出ないと古い葉が落ちないという特徴があるので、「子供が産まれるまで親は死なない」即ち「家系が途絶えない」という縁起に結びつけ、「柏の葉」は「子孫繁栄」につながります。

柏餅は日本で生まれた食べ物だったという事です。

ショウブのご利用を!!2018/04/30(月)
5月5日は、端午の節句です。
菖蒲の節句とも言われています。

葉しょうぶは、端午の節句には欠かせない商品。

ショウブに真心込めての勝負です。(笑)

マイクロ葉わさび2018/04/26(木)
葉わさびを使ったお料理がこの季節のおすすめ。

葉わさびのお浸しやマイクロ葉わさびのデザート等。

どんどんご利用くださいねぇぇーー。

都忘れの季節!!2018/04/24(火)
都忘れの出荷が始まりました。

和名の「都忘れ(ミヤコワスレ)」は、鎌倉時代の承久の乱(1221年、後鳥羽上皇が鎌倉幕府に対して討幕の兵を挙げて敗れた兵乱)にて佐渡へ流された順徳天皇が、この花を見ると都への思いを忘れられると話されたことに由来します。

気品ある美しい花を咲かすミヤコワスレ。花言葉「しばしの慰め」「別れ」は、佐渡へ流された順徳天皇がこの花を見ると都への思いを忘れられると話されたことに由来します。

ぜひご利用を・・・。

なるこゆりの葉2018/04/20(金)
なるこゆりの葉。かわいらしい葉っぱで人気があります。

名前の由来は、鳴子(なるこ)」は、長い縄に板と竹を結びつけて沢山並べてぶら下げ、揺らすと音がするようにした道具です。
稲を荒らす鳥などを追い払う目的や、侵入者を知る目的などに使用したものです。草姿や花の様子がこの「鳴子(なるこ)」に似ていてユリの仲間なのでこの名があります。
つきだしなどの敷き葉として利用されます。



最初のページです  /  次の50件を表示
戻る
▲このページの先頭に戻る  
 
              
© 2009 株式会社いろどり
powered by bizan.com